信仰生活ABC(28)

2017-05-18

問2 それでは祈りとは何ですか。
答 祈りは、私たちの切実な願いと求めを神に告げて、今ここにある私たちに対す る神の意志を示されることであります。ですから、特に宗教的な聖い場所で特に宗教的な事柄についてのみでなく、む しろこの世の中で個人的社会的窮乏の中から、いわゆる世俗的事がらについ て、祈るのです。そこで、この世の中にまきこまれている私たちに、その一つ一つの具体的事が らに対する神の意志が示され神と交わることができるのです。

祈りは、私たちの切実な願いと求めを神に告げて、今ここにある私たちに対する神の意志を示されることであります。この世の中で個人的社会的窮乏の中で、いわゆる世俗的な事がらについて祈るのです。

主イエスは弟子たちに「こう祈りなさい」と言われ、所謂「主の祈り」を教えられました。

天にまします我らの父よ、
ねがわくはみ名をあがめさせたまえ。
み国を来らせたまえ。
みこころの天になるごとく
地にもなさせたまえ。
我らの日用の糧を、今日も与えたまえ。
我らに罪を犯す者を、我らがゆるすごとく、
我らの罪をもゆるしたまえ。
我らをこころみにあわせず、
悪より救い出したまえ。
国とちからと栄えとは
限りなくなんじのものなればなり。アーメン。

ここには神に関する祈りがあると同時に、「日用の糧」「罪」「こころみ」「悪」といった、日常の生活に関する祈りもあります。
主イエスはそれらを次元の低い祈りとはされず、私たちに必要で大切な祈りとされたのです。そしてそのことについて祈ることが許されているのです。

金子勝氏の『悩みいろいろ―人生に効く物語50』(岩波新書)に、ゲーテ『ファウスト』の中の話が出てきます。悪魔のメフィスト―フェレスが「人間どもがくる日もくる日も苦しんでいるのを見ると憂鬱です。意地悪をしてやろうという気がなくなるくらいなんだから」と言いますと、。神は「人間は精を出している限りは迷うものなんだ」とお答えになるのです。

祈りは特に宗教的な聖い場所はもとよりそれ以外の場所でもなされるものです。教会堂は祈りの家と言われます。マルコ11:17「『わたしの家は、すべての国の人の/祈りの家と呼ばれるべきである』」。列王記上8:29~30「夜も昼もこの神殿に、この所に御目を注いでください。ここはあなたが、『わたしの名をとどめる』と仰せになった所です。この所に向かって僕がささげる祈りを聞き届けてください。僕とあなたの民イスラエルがこの所に向かって祈り求める願いを聞き届けてください。どうか、あなたのお住まいである天にいまして耳を傾け、聞き届けて、罪を赦してください。」

しかしそれ以外の場所でも祈ることを許してくださるのです。今日はセンター入試の日ですが、受験生の中にはキリスト者がいるかもしれません。彼らは試験に臨んで短い祈りを捧げているかもしれません。病床にある人はそこで神に祈っているかもしれません。「病床という名の聖所」。食事の準備をする人は台所でも祈りを捧げるでしょう。食卓ももちろん祈りの場となります。感謝の祈りがあれば貧しい食物であっても、豊か卓となるのではないでしょうか。

その一つ一つの具体的事がらに対する神の意志が示され神と交わることができるのです。祈りは私たちの不安や恐れ、直面している問題を瞬時に取り除いてはくれないかもしれません。しかし祈りの中で最初に示されることは、自分が直面している課題に神があたかも自分自身の課題であるかのように共に取り組んでくださることを確認できるのです。そこには協働者を確認できた平安があります。自分一人で課題に取り組まなくてもいいのです。

祈りの中で神は私たちの不安や恐れを一時取り除いてくださるでしょう。この一時が大事では? 重い荷物を下ろすことができないのではなく、一時主イエスのもとに下ろして休息できるのです。この一時の休息の持つ力は大きい。課題を引き続き担う新たな力と勇気が生  じてきます。

山道で汗をぬぐいながらこれから先の道を眺めるような気持になるでしょう。主イエスと共に歩むこの道は必ず解決へと通じていることを確信でき、心に安心が訪れるでしょう。先が見えないことが私たちを不安にするのです。

祈りの中で、主イエスと共に生きる喜びを経験するでしょう。「こどもさんびか」にこんな歌があり、私は大好きです。「ただひとり野原を歩いている時にも、イエス様はわたしの力です城です」こんな讃美歌もあります。「主イエスと共に歩きましょうどこまでも、主イエスと共に歩きましょういつも 、うれしいときもかなしいときも、あるきましょうどこまでも、うれしいときもかなしいときも あるきましょういつも」

あなたも祈ってごらんになってはいかがでしょう? 思ってるようも大きな効果があるものです。主イエスは私たちが祈り始めるのをきっと待っておられると思います。

Copyright(c) 2012 西南学院バプテスト教会 All Rights Reserved.