12月3日のみことば

2017-12-03

「わたしは、ダビデのひこばえ…輝く明けの明星である」(ヨハネ黙示録22:16)

ひこばえとは切り株や木の根元から出る若芽、それはその木がしっかりと生きていることを示します。明けの明星とは明け方に東の空に輝く金星のこと、暗い夜がやがて明るい太陽に輝くことを告げています。いずれも希望の象徴です。主イエス・キリストはこの世界に、そして私たちの人生に希望をもたらすお方です。今日から待降節(アドベント)です。希望をもたらす幼子イエスを想いつつクリスマスに向かっての歩むを続けましょう。

Copyright(c) 2012 西南学院バプテスト教会 All Rights Reserved.