メッセージ

聖書の光に導かれ

ヨハネ5:39で主イエスは「聖書はわたしについて証しをするものだ」と言われました。日本バプテスト連盟は次のように宣言します。「私たちの信仰宣言の中心はイエス・キリストであり、その基盤は聖書である。私たちは聖書が聖霊の導きによって書かれた、信仰の唯一の規範であると信じ…」。

マルコ12:27で主イエスは「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている」と警告されました。私たちはどうでしょうか。聖書と神の力を正しく理解しているでしょうか。

アドルフ・シュラッターはナチスに抵抗した神学者です。85才の時に『われらイエスを知るや』を書きました。「ヒトラーに率いられたこの民族に対し、イエスなくしては、すべてを麻痺させつつある自己矛盾の中へ陥る他はない」と確信、人々に対し聖書が示すイエス・キリストを著し始めたのです。

もし私たちがイエスを正しく理解し始めるなら、この厳しい時代の真っただ中でもどれほど力強く、愛と希望に満ちた歩みを始めることができることでしょうか。

関連記事

TOP