2月7日(日)の礼拝案内

主日礼拝Ⅰ         2月7日㈰ 午前10時半
主日礼拝Ⅱ         2月7日㈰ 午後1時半 
前奏 「プレリュード ホ短調」フランク
招詞 
頌栄 P541番(父、み子、みたまの)
告祷
聖書 ガラテヤの信徒への手紙3章1~6節
公祷
献金 「神の御心に委ねる者は」バッハ    兄弟会
説教 「福音を聞いて信じた私たち」  踊 一郎牧師
讃美 328番(いさみ進まん、54年販、1、3節)
祝祷                 踊 一郎牧師
報告 
後奏 「神のなし給うことはすべて良し」ヴァルター
・来会時はマスク着用、手指のアルコール洗浄、間隔をあけて着席をお願いします。
 換気中のためコートやマフラー着用のまま礼拝してください。
 会衆讃美は飛沫拡散防止のため少し小さめの声で讃美しましょう。

 

自由祈祷のひととき     2月10日㈬午前10時半
・水曜午前10時半~11時半、教会堂でお祈りください。
・牧師に相談のある方はご遠慮なく声をおかけください。

 

祈りの課題
・総会を恵みのうちに開催できたことを感謝しましょう
・病床の人々が健康を回復されますように
・新型コロナウイルス感染が一日も早く終息しますように
・医療従事者の働きと健康が守られますように

 

巻頭言「教会の約束」

 われら神の恵(めぐみ)により、イエス・キリストを主と仰ぎ、これに全くまかせ、また信仰をあらわす為に、バプテスマを受けて主の教会に入りたれば、われら聖(きよ)き霊(みたま)の助(たすけ)により、謹みて相互(あいたがい)に此の約束を結ばん。

 われら共に、兄弟姉妹のいつくしみを以(もっ)て歩み、相互(あいたがい)に気をつけ、常に互(たがい)のよろこびを喜び、互(たがい)の悲しみを憐れみて共にかなしむべし。

 主の日の集会(あつまり)、及び定まりたる集会(あつまり)に来たり、此の教会の聖(きよ)くなること、和合(わごう)すること、栄(さか)ゆることを祈り、また、バプテスマと主の晩餐との二つの礼典、及び聖書の教えと教会のただす所の誡(いましめ)とを守りて、教会を人によりて成(な)れるものと思わず、神によりて成(な)れるものと信ずべし。われらは、この教会を支え、且(かつ)万国にさいわいの音信(おとずれ)を弘(ひろ)め、あまねく神の聖(み)旨(むね)の行われん為に喜びて金を献ぐべし。ひそやかなる祈祷(いのり)、また家庭の祈祷(いのり)をつとめて、われらが預(あず)りたる子供(こども)等(とう)を、神の道に従うように教え育て、また、われら聖(きよ)き心と、正しき行(おこない)と、万民(ばんみん)を愛(いつく)しむ事とによりて、人々を救(すくい)主(ぬし)に導くように、真(まこと)の道をあらわし、主と相(あい)見(まみ)えん時までこの約束したる事を堅く守るべし。