BLOG

ヘロデのところに帰るな

「ヘロデのところへ帰るな」12月2日(日)から待降節です。マタイ福音書の降誕物語には東方の博士の来訪が記されています。彼らはユダヤ王ヘロデの王宮を訪ね、「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」と告げます。自分の王位を危う

明日も尽くさん

「明日も尽くさん」 献堂を記念しての伝道集会も恵みのうちに終わりました。伝道委員会をはじめ多くの兄弟姉妹がそれぞれの持ち場で奉仕してくださいました。私たちの働きの全てを主は用いて恵みに満ちた集いを与えてくださいました。使徒パウロは「今や、恵みの時、今こそ、救いの日」(Ⅱコリント6:2)と語ってい

わたしの感謝、わたしの夢

「わたしの感謝、わたしの夢」 今年12月2日(日)は教会創立90周年の記念日です。私たちは記念礼拝後、定礎箱を新教会堂の所定の場所に納めます。この箱の中には聖書の他記念すべき品々を入れますが、その中に「わたしの感謝、わたしの夢」と題する会員一人ひとりの言葉も加えたいと思います。神の言葉とそれに応え

新教会堂で結婚式を

「新教会堂で新しい人生のスタートを」建築中は「西南学院教会で結婚式を・・・」と願ってくださっていた方にはご迷惑をおかけしました。ようやく完成、7月より新教会堂で礼拝を守り始めました。西南学院の卒業生の皆さん、またそのご家族の結婚式をお引き受けしています。教会堂で生涯心に残る結婚式をお挙げになりま

いつも急いでいる

「いつも急いでいる」 最近、『池上彰と考える仏教って何ですか』という本を読みました。難解なことを分かりやすく解説することで定評のある池上氏の本で仏教のことがよく分かるようになりました。その中にチベット仏教の指導者であるタムトク・リンポチェ(「リンポチェ」は高僧に対する尊称)と池上氏との対談もあ

「男と女に創造された」

 最近『聖書男』という本が出版されました。著者はA・J・ジェイコブスで、宗教にはまったく関心のない彼が、現代ニューヨークで「聖書の教え」を忠実に守ってみた一年間の日記です。日本語版序文にはこうあります。  聖書の教えに従って生きた一年は、ぼくの人生で最も劇的な変化のあった年でした。この無謀な試みは

「起工式に至るまで」

 私たちは2005年1月30日(日)の教会総会において「7年後を目途に教会堂建築」をすると決議し、4月からの献金開始を決めました。後にこれは「いのりの家献金」と名付けられました。▼2005年3月20日(日)午前10時53分、礼拝最中に福岡西方沖地震が発生、私たちは西南学院の松林に避難して礼拝を続けま

TOP