1月13日のみことば

「いいえ、祝福してくださるまでは離しません」(創世記32:27)

ヤコブはヤボクの渡しで天の御使いと格闘しました。「私を離せ」と言う天使に対してヤコブが言った言葉がこれです。ヤコブは祝福の所在を知っており、これを逃してはならないと確信していたのです。ついに御使いは彼を祝福するのです。私たちも同様です。神は私たちの人生を恵みで満たそうとしておられます。今日と明日はセンター入試ですね。受験生の皆さん、あなたを祝福する神に信頼しベストを尽くしてください。祈っています。