1月8日のみことば

「わたしの家は、祈りの家でなければならない」(ルカ19:46)

主イエスはイザヤ書56:7の言葉を引用され、教会堂は「祈りの家」であるべきことを強調されました。昨年12月に日本聖書協会が出版した「聖書協会共同訳」は、この箇所を「私の家は、祈りの家となる」と翻訳しました。この訳にも私は興味を覚えます。教会堂はもっと祈りの家となるべきです。様々な課題を持つ人がここに来て、神の導きと祝福を求めて祈れば、その人の日々の生活はどんなに素晴らしいものになることでしょうか。