2月9日のみことば

「アブラムは、主の言葉に従って旅立った」(創世記12:4)

神はアブラハムに「わたしが示す地に行きなさい。わたしはあなたを祝福する」と言われました。アブラハムはその言葉に従って出発したのです。アブラハムは「神の冒険者」です。私たちもそうなのです。私たちは昨日の成果に留まろうとは思いません。「さあ、新しい今日の歩みを始めなさい」という神の声に従って今日の歩みを始めるのです。一日の終わりには今日の疲れを忘れさせるほど豊かな祝福が備えられていることを信じて。