5月11日のみことば

「何事にも終りと果てがあるのをわたしは見ます。広大なのはあなたの戒めです」(詩編119:96)

「何事にも終わりと果てがある」、これについてカルヴァンは「完全さにおいて卓越せる人々のことを考えたが、彼らは神の言葉と比べれば無に等しかった」と説明しています。人は確かにある部分では専門家であっても、他の部分では素人なのです。それに比べると、神の知恵と力は何と広大なことでしょう。その神があなたを日々配慮されるのです。