6月7日のみことば

「慈しみ深く/あなたの僕のために計らってください。あなたの掟をわたしに教えてください」(詩編119:124)

5才の女の子が一日に一食しか与えられず、冬はベランダに出され、朝4時からひらがなの練習を命じられ、そして両親に「もうおねがい、ゆるして」と書き残して亡くなった。あまりにも悲しすぎる。結愛ちゃん、あなたにイ・ミンソプ牧師の歌を贈ります。「君は愛されるために生まれた。君の生涯は愛で満ちている」。あなたの生涯はそうあるべきだったのです。主イエス様があなたの小さな体をしっかり抱きしめてくださるように祈ります。