7月3日のみことば

「あなたの定めを見てわたしは悟ります。それがいにしえからのものであり/あなたによってとこしえに立てられたのだ、と。」(詩編119:152)

「いにしえから」と「とこしえに」という2つの言葉に注目しましょう。カルヴァンは「神のことばは一時的に信実なだけではなく、永久に変わることなく留まる」と言いました。神の言葉の永続的確かさ、確実性を詩人は告げているのです。この世界は刻一刻揺れ動いています。だからこそ私たちは神の言葉にしっかり根を下ろすことが必要なのです。