巻頭言「イエス、焼き魚を食べる」

 福音書を読んでいて、主イエスのユーモアに出会い思わずにっこりしたくなる箇所があります。例えばマタイ17:24~27。エルサレム神殿に献げるお金はシケル銀貨と決まっていましたが、それについて弟子たちが問うた時、主イエスは次のように言われました。   湖に行って釣りをしなさい。最初に釣れた魚を取って口を開けると、銀貨が    一枚見つかるはずだ。それを取って、わたしとあなたの分として納めなさ   い ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「十字架と復活は私たちの信仰の中核」

 主イエスの十字架という出来事は、当時の人々にとっては呪いであり、無力であり、愚かなものでした。しかし使徒パウロにとっては、神の知恵であり、救いであり、誇りだったのです。  主イエスの復活はどうでしょうか。パウロがアテネの人々にイエスの復活を告げた時、「ある者はあざ笑い、ある者は、『それについては、いずれまた聞かせてもらうことにしよう』と言った」(使徒言行録17:32)と記されています。現代の多く ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ」

 十字架上で主イエスの口から洩れた言葉は七つ、その一つが「エロイ、エロ 、レマ、サバクタニ」(マルコ15:34)です。マタイ27:46では「エリ、エリ、レマ、サバクタニ」となっています。だから十字架の傍にいた人々は、「エロイ」「エリ」という言葉を聞いて預言者エリヤの助けを求めていると思ったのです。しかしこの言葉は「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味なのです。  主イエ ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「神の愛と人の罪」2021.3.21

    讃美歌21-300番の歌詞に心を惹かれます。   十字架の上に われはあおぐ、わがため悩める 神のみ子を。   たえにも貴き 神の愛よ、はかりも知られぬ 人の罪よ。  神学者アリスター・マクグラスは、十字架はレンズのようだと言います。それは人間のどうしようもない罪を明らかにすると同時に、神の御子イエスの限りない愛と信頼を明らかにします。  主イエスは弟子の一人であるユダに裏切られ、弟子たち ...
続きを読む
/ メッセージ

「真理と自由」

 ヨハネ福音書を読むと、「わたしは…である」という特徴的な言葉が度々出てきます。神学者ゲルト・タイセンは『新約聖書 歴史・文学・宗教』の中で、ヨハネ福音書は「キリスト」や「神の子」のような伝統的な尊称だけではイエスの偉大さを表すことができないと考え、「わたしは…である」と言う言葉を使った。例えば「わたしは命のパンである」「わたしは世の光である」「わたしは門である」「わたしは良い羊飼いである」。これ ...
続きを読む
/ メッセージ