巻頭言「神の箱とともに」

 私が小学生の頃、牧師の父が教会学校で話してくれる聖書物語に心がわくわくしたものです。例えば出エジプト記ではファラオとモーセの対決、葦の海の奇跡、ヨシュアたちによるエリコ陥落、そして少年ダビデと巨人ゴリアテの戦い…。それはゲームに興じる現代の多くの子どもたちの喜び以上だったかもしれません。  ヨシュアが率いていたのは弱小の民です。一方エリコは強固な城塞都市です。圧倒的な武力の差がありました。聖書の ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「幾百万の祈りに支えられ」

神学者D・ボンヘッファーは、「教会」という言葉には埃が積もっている、それを払い落とすべきだと言います。その時、この言葉は筆舌に尽くしがたいほど偉大で栄光ある言葉となり、私たちの心に愛の感情を点火すると言うのです。 教会は建物や組織ではなく、神の民の交わりであり共同体のことです。神はその交わりに私たちを招き入れてくださいました。さらにボンヘッファーは、その教会には三つの貴い力―犠牲、祈り、赦し―が働 ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「主(ヤハウェ)は救う」

 イザヤ書は「聖書の中で最も美しい詩と最も有名な希望の言葉が書かれた」文書です。イザヤ書1~39章は紀元前742~700年過ぎまでの北王国イスラエルと南王国ユダの歴史に関係しています。紀元前900年頃、アッシリア帝国は勢力拡大に向けて新たな行動を開始、約250年間にこれまでなかったほどの強大な帝国を築き上げました。王たちは道路を建設、支配地の民族意識打破のため住民の強制移住を実行しました。  この ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「キリストの誕生物語」

 新約聖書にある四福音書で、主イエスの誕生物語を記しているのはマタイとルカだけです。マルコにはありません。主イエスの公生涯から書き始め、十字架と復活に集中しています。ヨハネは「初めに言があった。言は神と共にあった」と書き出し、主イエスの先在性を伝えようとしています。マタイとルカだけが、人としての誕生から書き始めるのです。  しかしマタイとルカの記述には相違があります。マタイには主イエスの養父となっ ...
続きを読む
/ メッセージ

巻頭言「この岩の上にわたしの教会を」

 ある時、主イエスは「人々は、自分のことを何者だと言っているか」とお尋ねになりました。弟子たちは、「バプテスマのヨハネ」「エリヤ」「エレミヤ」「預言者の一人」。さらに「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」との問いにペトロは「あなたはキリスト、生ける神の子」と告白、主イエスは「わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てる」と言われたのです。  ここには大切なことが二つあります。一つは、主イエ ...
続きを読む
/ メッセージ