WELCOME

私たちの教会はプロテスタントのバプテスト派に属する教会です。
C.K.ドージャーは105年前に西南学院を、6年遅れて私たちの教会を創立しました。
学院と地域の人々のための教会です。2022年に100年を迎えます。

次週のお知らせ

1/23(日)10:30 主日礼拝Ⅰ(踊 牧師)
1/23(日)13:30 主日礼拝Ⅱ(踊 牧師)
主題「根気よく耐え忍ぼう」(コロサイ1:9~14)
コロナ対策を十分しつつ今年も礼拝を大切に
守ります。おでかけください。
1/16(日)の礼拝説教をアップしました。
お聴きください。

 

 

LIFE OF FAITH

FACEBOOK

1月26日のみことば「良い土地に落ちたのは、立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐して実を結ぶ人たちである」(ルカ8:15)主イエスが教えられた「種をまく人のたとえ」です。道端に落ちた種、石地に落ちた種、茨の中に落ち種、そして良い地に落ちた種。それぞれの種は異なる結末を迎えます。良い地に落ちた種、百倍の実を結ぶ種にたとえられる人とは、立派な善い心で御言葉を聞き、よく守り、忍耐する人のこと。豊かな信仰の実を結ぶために本当に必要なのものは、もう少しの忍耐ですね。 ... See MoreSee Less
Facebookで見る
1月25日のみことば「成功する人は忍耐する人。背きを赦すことは人に輝きをそえる」(箴言19:11)カトヤ・パンツァル氏の『フィンランドの幸せメソッド』という本を読みました。フィンランドは北欧の寒い国ですが、幸福度は世界一だそうです。この国の人の心には「SISU(シス)」という考え方が根づいています。厳しい状況で発揮されるしなやかな精神性、困難に立ち向かう勇敢さ、忍耐強さ、簡単に諦めない心、折れない心、回復力、危機に立ち向かう原動力とでもいうべきものです。私たちの心にも神が育ててくださっている忍耐力があるのではないでしょうか。 ... See MoreSee Less
Facebookで見る
1月23日(日)の主日礼拝Ⅱのメッセージです。お聞きください。この一週間の歩みのキリストの豊かな祝福がありますようにお祈りします。動画リンクyoutu.be/svzfEzGe0mM ... See MoreSee Less
Facebookで見る
1月24日のみことば「忍耐によって英知は加わる。短気な者はますます無知になる」(箴言14:29)今日人間関係で面倒なことに出会ったとします。私たちは腹を立てるでしょうか。それとも冷静に受け留めてじっくり取り組む覚悟を決めるでしょうか。私は後者でありたいと思います。なぜならこの課題の取り組みを通して私たちに新たな英知が加わるからです。短気を起こして腹を立てると、私たちは英知を得るチャンスを失い、さらに一歩無知に近づくことになるからです。(下の彫刻はエルンスト・バルラハの「再会」、今日も復活のキリストに支えて頂いて歩みたいです) ... See MoreSee Less
Facebookで見る
1月23日のみことば「主は彼の前を通り過ぎて宣言された。『主、主、憐れみ深く恵みに富む神、忍耐強く、慈しみとまことに満ち…』」(出エジプト34:6、数記14:18、詩編86:15他)「忍耐」というと、なんだか消極的なイメージでとらえる傾向があります。苦しいことが過ぎ去るのをただじっと我慢することでしょうか。そうではありません。目標がしっかり定まっているからこそ、今なすべきことに思いと力を集中するのです。今日のみことばが示しているように「忍耐」は何よりも神ご自身のご性格なのです。私たちは感謝して神の忍耐に倣うのです。(下のお花は本日の礼拝のために廣房祐子姉がいけてくださったものです。心より感謝し主の祝福をお祈りします) ... See MoreSee Less
Facebookで見る

住所 〒814-0002福岡市早良区西新7-5-35 電話 092-821-2852 FAX 092-821-0632
聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation
(c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988
『口語訳聖書』 (c)日本聖書協会 Japan Bible Society, Tokyo 1954,1955
Copyright © 2018 西南学院バプテスト教会

TOP