10月9日のみことば

「イエスはこれを見て憤り、弟子たちに言われた。『子供たちをわたしのところに来させなさい。妨げてはならない。神の国はこのような者たちのものである』」(マルコ10:14)

主イエスの所に喜んでやってきた子どもたちを叱った弟子たち、その彼らに対する主の厳しい言葉がこれ。主の教会は幼い子どもたちを大切にします。主が幼子を抱き上げたように私たちも抱き上げ、主が心から祝福したように私たちも祝福します。幼子は教会の宝。

(下の絵画はドイツの画家フリッツ・フォン・ウーデ(1814-75)の「その子らを我に来させよ」)