6月29日のみことば

「イエスが山に登って、これと思う人々を呼び寄せられると、彼らはそばに集まって来た。そこで、十二人を任命し、使徒と名付けられた」(マルコ3:13~14)

悩み苦しむ多くの人々が救いを求めて主イエスのもとに集まってきました(マルコ3:7~12)。主はその求めに十分に対応するために十二人選び、「使徒」と名付けられました。彼らは主ご自身の働きを共に担うのです。昔は主を求める人は多かったが、今はそうではない? いいえ、今も多いのです。私たちも福音を共に伝える者として召されているのです。