9月14日のみことば

「それからイエスは、人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから排斥されて殺され、三日の後に復活することになっている、と弟子たちに教え始められた。しかも、そのことをはっきりとお話しになった」(マルコ8:31~32)

「あなたこそ救い主」と告白した弟子たちに、主はご自分が十字架への道を進むことをはっきりと告げられました。するとペトロは主を激しくいさめ始めたのです。彼の信仰は主の十字架を受容できなかったのです。主は愛と忍耐をもって彼らをさらに育てられます。