小学科だより

小学科だより クリスマス絵本の紹介 その3(2021年12月12日)

ルカによる福音書 2114

 いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ

今回紹介するのは、「ジョイのおくりもの」(柳川茂/作 河井ノア/絵 いのちのことば社)です。
クリスマスが近づいているある日、ジョイは森できれいな小石を見つけます。「これでペンダントを作って、パパとママにプレゼントしよう」このひみつのプレゼントを、どこにかくしておこうかなベッドの下や食器棚の中、物置の中。最後にジョイはとっておきのかくし場所を思いついたのですが本当のクリスマスプレゼントは形があるものではなく、相手を思いやる気持ち、愛がいっぱいつまっている心だということを、やさしく教えてくれる絵本です。

 

1212日はアドヴェント(待降節)3週目の日曜日です。第3のキャンドルにあかりがともりました。アドヴェントとは、イエスさまのお誕生、クリスマスを待ち望む期間です。礼拝堂のアドヴェントクランツには4本のキャンドルが準備され、毎週日曜日に1本ずつキャンドルのあかりが増えていきます。4本のキャンドル全部に火がともると待ちに待ったクリスマスです! 

小学科だよりでは、この期間、クリスマスの絵本やお話を紹介していきます。ぜひ、読んでみてください。

関連記事

TOP