8月16日(日)の平和主日礼拝のご案内

〈平和〉主日礼拝Ⅰ 8月16日(日)午前10時半 
〈平和〉主日礼拝Ⅱ 8月16日(日)午後1時半
前奏 「天にまします我らの父よ」ブクステフーデ
招詞
頌栄 29番(天のみ民も)
告祷
聖書 マタイによる福音書5章9節
公祷
献金 「我ら大いなる悩みにある時」バッハ  青年会(兄弟会)
説教 「今ここから平和を作り出そう」    踊 一郎牧師
讃美 499番(平和の道具と)
祝祷                    踊 一郎牧師
報告
後奏 「主よ、あなたはまことに感謝すべき方」ヘンデル

 

〈自由祈祷日〉  8月19日(水)午前10時30分
自由祈祷の時間を守っています。受付の聖書日課「みことばの落穂ひろい」を読みお祈りください。

 

〈祈りの課題〉
・世界に真の平和が訪れますように
・新型コロナウイルス感染が一日も早く終息しますように
・医療従事者の健康と働きが祝されますように
・高齢の兄弟姉妹、病床の友に主の祝福がありますように
・夏期休暇にも関わらず帰福できない家族や友の上に主の守りがありますように
・全てが整えられ安心して教会活動が再開できますように
・豪雨被害を受けた地域の復興作業が進みますように

 

〈巻頭言〉「平和の器」
主よ、私をあなたの平和の器とし、憎しみしかないところに愛の種子をまかせてください。
痛みしかないところに赦しを、
疑いしかないところに信仰を、
絶望しかないところに希望を、
暗闇しかないところに光を、
また悲しみしかないところに喜びを、
どうか、みなぎらせてください。
慰められることを願うのではなく、慰める者となりますよう、
理解されることではなく、理解することを、
愛されることではなく、愛することを、
心から求める者となりますように。
私たちは与えることにおいて受けるのです。
赦すときに、みずからも赦されるのです。
そして死において永遠の生命に目覚めるのです。(アッシジのフランチェスコ)