BLOG

わたしはよろこんで歳をとりたい

神を信じるとは目の前にある すべての暗がりをとおして 先を見ることちょうどガラスごしに見るように 先を見るのだ ・・・信仰とは 聴くことでもあるいのちが 静けさのなかではるかな はるかな音として 聞こえてくるように 最期のとき 静けさのなかであの永遠の変わることのない

まことの友イエス・キリスト

ヨハネ福音書15:15で主イエスは弟子たちにこう言われました。もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。僕は主人が何をしているか知らないからである。わたしはあなたがたを友と呼ぶ。父から聞いたことをすべてあなたがたに知らせたからである。ユングの研究家河合隼雄氏の思い出です。彼がスイスのユング

愛と慰めの共同体・教会

山上で説教されました。「空の鳥をよく見なさい」「野の花がどのように育つのか、注意して見なさい」(マタイ六・二六、二八)。そよ風に乗って聞こえてくる主のみ言葉は、生きることに疲れ切った群衆の心に神の愛をはっきりと示し、大きな慰めと喜びをもたらしました。ドイツの神学者クリスチャン・メラーは『慰めの共

人生の必修8科目

沖縄読谷バプテスト伝道所牧師であり、オリブ山病院理事長の田頭真一先生が『天国で神様に会う前にすませておくとよい8つのこと』という本を出版、その中に「人生の必修8科目」があります。ご紹介しましょう。 1 自然体…「超老力」を身につけて自分そのものになる 2 謝罪…自分の弱さを受け入れ、自分から

私たちの間にあるもの

関西学院大学神学部に学んでいた頃、松木治三郎先生がよく語られた言葉を思い出します。それは「私たちの間に聖書がなければ私たちは悪魔の座に座る」という言葉で、『現代キリスト教問答』の序に記されています。ユダヤ教のもっとも重要な文書ミシュナーの中に、次のようにしるされている。「もし二人の間にトーラー・

知ることは私たちの責務

この季節、私は平和に関する書物を読むことにしています。戦争を知らない私には、知る責任があると思うからです。渡部良三氏の『歌集 小さな抵抗 殺戮を拒んだ日本兵』、長谷川儀神父の『八月六日の朝 ぼくは十四歳だった』、吉岡英二郎氏の『「焼き場に立つ少年」は何処へ』でした。今年はそれに絵本も加えました。

祈ってもらいなさい

東京都練馬区で6月、元農林水産事務次官の男性(76)が44歳の長男を刺殺したとして逮捕・起訴されました。その4日前、川崎市多摩区では、スクールバスを待っていた小学生らが刃物を持った男に襲われ、6年生の女児を含む2人が死亡、18人が重軽傷を負いました。元次官の長男も、川崎の事件の犯人とされる自殺した男

ヨハネ・パウロⅡ世ー1981年の平和アピール

戦争は人間のしわざです。戦争は人間の命の破壊です。戦争は死です。この広島の町、この平和記念堂ほど強烈に、この真理を世界に訴えている場所はほかにありません。もはや切っても切れない対をなしている2つの町、日本の2つの町、広島と長崎は、「人間は信じられないほどの破壊ができる」ということの証として、存在する

時代を見抜く鋭い目

1930年代ヒトラーに命がけで抵抗したマルティン・二―メラー牧師の詩です。  ナチが共産主義者を襲ったとき、自分はやや不安になった。  けれども結局自分は共産主義者でなかったので何もしなかった。  それからナチは社会主義者を攻撃した。自分の不安はやや増大した。  けれども依然として自

パンはいくつあるのか

福音書には多くの奇跡物語が記されています。若い頃は奇跡の記事に戸惑いを覚えたものですが、最近では反対に新鮮な興味を覚えるのです。様々な制限に幾重にも拘束されている現代、主イエスの時代に思いを馳せるとかえって解放されのびのびする気がするのです。当時の民衆も同じだったことでしょう。イエスが五千人以上

TOP